知りたい!食べたい!行ってみたい!
ガイドブック作成事業
気仙沼の風土、歴史、文化から見どころ、おみやげ品、飲食店の情報まであらゆる情報を網羅した、総合ガイドブックを作りました。
特産品開発事業
「スローフード宣言都市」気仙沼ならではの、地域の食材を活かしたこれまでにない新しい商品を開発しました。
モニターツアー事業
リアスの海と森が生んだ豊富な食材と、港まちが育んだあたたかい人情を満喫できる旅のプランを提案しました。

■気仙沼∞全国展開プロジェクトとは?
 「気仙沼∞全国展開プロジェクト」は、「港まち」気仙沼が持つ自然風土、歴史文化、産業の中から、これまで眠っていた魅力ある資源を発見・開発し、新たな「観光商品」として積極的に全国展開していくことを目的としています。気仙沼の魅力を伝え、新たな産業として活かしていくことは、観光資源を活かしたまちづくりを推進していく第一歩として非常に重要なことです。
 「知りたい!食べたい!行ってみたい!」そんな声が、日本中から聞こえてくるまちを目指し、官民一体となって様々な取り組みが行われました。

気仙沼湾
 

  ●気仙沼∞全国展開プロジェクト公式キャラクター『よしぼう』
ヨシキリザメの着ぐるみを着た少年『よしぼう』」は、気仙沼∞全国展開プロジェクトの公式キャラクターです。「気仙沼まるかじりガイドブック」内や、このウェブサイト上などに登場し、気仙沼の食文化について紹介してくれます。 >>よしぼうのプロフィール

■宮城県気仙沼市です。
宮城県気仙沼市は、宮城県の北東端で、太平洋沿岸の三陸海岸の南部に位置します。平成18年3月31日に、気仙沼市と唐桑町が合併し、新たな気仙沼市が誕生しました。(総面積 226.67km2・人口 約66,400人)
 日本一のフカヒレに代表されるように、水産都市としては全国的に知られている気仙沼市ですが、観光地としての認知度はあまり高くありません。しかし、陸中海岸国立公園、海中公園、南三陸金華山国定公園を有し、雄大なリアス式海岸の景観、海洋展望を誇る気仙沼大島等の海浜観光資源が有ります。また、港町周辺には、昭和初期の住宅が残っている地域があり、これまで気仙沼の漁業や水産業を支えてきた歴史・文化の資源にも恵まれています。

copyright © 気仙沼商工会議所 気仙沼∞全国展開プロジェクト all rights reserved.
〒988-0084 宮城県気仙沼市八日町2丁目1-11 TEL:0226-22-4600